[体内酵素活性因子ENZAMIN] 発酵、つまり微生物が創り出す代謝物質は宝の宝庫。発酵力で毎日イキイキアップデート!!

会社概要

会社名 株式会社 エンザミン研究所
本 社 〒530-0044 大阪市北区東天満1-6-8-11F
TEL(06)6353-5588 FAX(06)6353-8839
東京オフィス 〒108-0075 東京都港区港南2-16-2-28F
TEL(03)6433-3588 FAX(03)6433-3580
工場 〒612-8255 京都府京都市伏見区横大路六反畑55-8
TEL(075)622-2039 FAX(075)602-1835
資本金 1,000万円
設 立 昭和52年10月12日
代表取締役 後藤謙治
事業内容 健康食品の企画・製造・販売
清涼飲料水の企画・製造・販売
化粧品の企画・製造・販売
決算日 7月31日
取引銀行 京都銀行
三菱東京UFJ銀行

研究の経緯

1922年頃、フランス パスツール研究所のベスレドガがアンチウイルス
(バクテリアの培養濾液に細胞に親和力があり細菌の発育を抑えるもの)を発表し、
ソ連のフィラートフ博士が同様の実験に成功。
恒常性維持(ホメオスタシス)に有用な、微生物が創り出す生体内代謝調整物質が注目された。
抗生物質がまだ発見されていなかった当時は、炎症疾患の治療によく使用され、
世界中で研究が始まった。
我が国では、戦後、元京都大学医学部で微生物学の世界的権威赤澤一三博士が、
当時大日本製薬にて外用軟膏セナチゾールなど数々の応用研究に成功したが、
戦後GHQの細菌製剤/生物学的製剤の製造禁止令により製造断念。
許可を許された抗生物質ペニシリンのみが脚光を浴びた。
この種の研究が中断されていった中、赤澤博士はさらに活発に微生物の培養研究をすすめ、
同じような微生物の発酵代謝産物でありながら、
抗生物質とは対極に位置する「エンザミン」を発明。
その後、折からのインターフェロンなど生物学への関心という時代の脚光を浴び、
「エンザミン」は約40年にわたり人々の美容と健康に役立っている。

沿革

1977年10月 赤澤博士と研究陣と語らい有志相集い、
株式会社エンザミン研究所を設立。
1977年12月 工場の建設に着手すると共に、工場内の一部に於いて
納豆菌類発酵代謝エキスの製造を開始。
1978年 研究改良を積み重ね商品化に成功。
1978年これを「エンザミン」と名付けた。
1978年5月 工場完成
1978年6月 営業開始
2011年1月 近畿大学医学部 松尾理名誉教授らの研究グループによる
エンザミンの研究論文が、イギリスの医学誌
「Journal of Thrombosis and Thrombolysis」に発表される。
2013年3月 本社を大阪市北区東天満へ移転
2013年12月 近畿大学名誉教授・同医学部顧問 松尾理先生らの研究により、
エンザミンのメタボリックシンドロームに対する予防的効果が
英国ケンブリッジ大学出版の学術誌「Journal of Nutritional Science」に掲載。
2014年4月 「The Experimental Biology 2014」にて学会発表 糖尿病セッション(Diabetes and Insulin resistanceT)に於て第1位に。
2014年6月 東京オフィスを開設
2015年4月 日本と韓国で「血栓性疾患予防食品」として特許を取得